病院の方針と使命

多くの人の笑顔のために
 国立病院機構あわら病院のホームページにお訪ねいただきありがとうございます。わたしたちの病院は福井県の最北部、あわら市に位置し、障がい児(者)、血液・免疫疾患、そして長寿分野を専門とする病院として特徴のある医療を提供しています。
 国立病院機構は国民の健康とわが国の医療の向上のために、健全な経営のもと患者の目線に立って懇切丁寧に医療を提供し、質の高い臨床研究、教育研修の推進につとめることを理念として発足しました。この国立病院機構本部の理念を受けて、あわら病院では、「多くの人の笑顔のために」働くことを病院の方針として掲げ、①懇切丁寧な医療の実施、②高品質の医療の追求、③効率的な経営の推進をもととし、④地域に求められる専門医療の提供することを使命として活動しております。
 当院は過疎地にある小規模な病院です。しかし、地理的・物理的条件が恵まれていないからこそ、専門性の高い良質な医療サービスを提供することが最も重要であると考え、障がい児(者)医療、血液・免疫医療、そして長寿医療を中心に診療を展開しています。さらに、職員は社会情勢の変化や医療技術の革新を見すえながら、全国的な臨床研究ネットワークでの共同研究への参加や自主研究などを通して常により良い医療を追求しております。

 地域の患者さまやその家族の方だけではなく、医療・福祉機関で働かれる方々を含めた多くの人の笑顔は私たちの心の糧です。高い知識、技術に基づいた、安全で安らぎのある医療を提供するというわたしたちの使命をしっかりと認識し、地域の皆様のお役に立たせていただく所存です。

国立病院機構あわら病院
院長  津谷 寛