利用者の皆さまへ

医療関係の皆さまへ

あわら病院訪問看護ステーションアイリス

坂井・あわら高齢者医療研究会

 福井県坂井地区(あわら市・坂井市)における高齢者医療の課題の明確化、事例討議、学習等を通して高齢者医療の質の向上を図ることを目的に平成21年1月に当院と地域施設・診療所(柴田医院・汐見医院・芦原メロン苑・金津雲雀ヶ丘寮・特別養護老人ホーム白楽荘)との連携で発足しました。
第1回高齢者医療研究会
日 時: 平成21年3月12日
テーマ: 高齢者の感染症
参加者: 79名
「高齢者臥床患者における感染症の診断と抗生剤の適正使用」

     (国立病院機構あわら病院 内科 桐場千代 医師)

「発熱患者への看護臨床診断の有用性」

     (国立病院機構あわら病院 堀田昌代 看護師長)

「施設での高齢者ケアの現状」

     (芦原メロン苑 浜岸佐代子 看護師長)

「地域医療の発展をめざして」-肺炎の合理的な診断と治療からのヒント-

     (国立病院機構あわら病院 津谷寛 院長)

第2回高齢者医療研究会
日 時: 平成21年11月18日
テーマ: 高齢者の終末期医療について
参加者: 115名

講演

「終末期ケアにおける臨床判断の考え方」

     (国立病院機構東京医療センター臨床疫学研究室 尾藤誠司 室長)

第3回高齢者医療研究会
日 時: 平成22年3月17日
テーマ: 「高齢者の終末期医療の実際」
参加者: 99名

事例提供

「病院の立場から1:あわら病院における終末期医療の看護」

     (国立病院機構あわら病院 荒木弥生 看護師)

「病院の立場から2:終末期医療・看護 あわら病院障害者病棟における事例」

     (国立病院機構あわら病院 堀野千津子 看護師長)

「施設の立場から1:地域医療との連携を通しての看取りの介護」

     (芦原メロン苑 浜岸佐代子 看護師長)

「施設の立場から2:養護老人ホーム入所者における終末期の対応事例」

     (雲雀が丘寮 西原健二 寮長)

「在宅の立場から:当院での緩和ケア事例について〜坂井地区在宅ケアネットを利用して」

     (汐見医院 汐見俊一 院長)

第4回高齢者医療研究会
日 時: 平成22年12月1日
テーマ: 「高齢者の終末期医療」
参加者: 100名
「当院の終末期医療の現状」-家族と職員へのアンケート結果より-

     (国立病院機構あわら病院 大蔵真由美 看護師長)

「施設で看取るということ」

     (特別養護老人ホーム白楽荘 高嶋弥生 看護師長)

「在宅で生き抜く」-家族が看取るための支援-

     (坂井地区医師会訪問看護ステーション 管理者 森千恵美)

     (坂井地区医師会居宅看護支援事業所 管理者 飛田まゆみ)

「リビングウィル宣言書」を作成して-終末期の栄養を考える-

     (国立病院機構あわら病院緩和ケアチーム及び栄養サポートリーダー 老年科科長 桒田敦 医師)

★リビング・ウィル宣言書パンフレット
第5回高齢者医療研究会
日 時: 平成23年11月16日
テーマ: 「高齢者の摂食・嚥下障害」
参加者: 143名

現状報告

「当院の重症嚥下障害の評価と嚥下訓練効果について」

     (老年科科長 桒田敦 医師)

特別講演

「摂食・嚥下障害のリハビリテーション  その包括的対応」
講師: 藤田保健衛生大学リハビリテーション講座 教授 齊藤栄一先生
第6回高齢者医療研究会
日 時: 平成25年2月27日
テーマ: 「もし食べられなくなったら」
参加者: 99名
事前携帯電話によるアンケート集計結果報告

特別講演

「高齢者ケアにおける人工栄養―意思決定プロセスの考え方」
講師: 東京大学大学院人文社会系研究科 死生学・応用倫理センター
上廣死生学・応用倫理講座 特任准教授 会田薫子先生
第7回高齢者医療研究会
日 時: 平成26年2月10日
テーマ: 「もし、食べられなくなったら・・・実践編」
-自分らしい生き方の選択とその後を支えるケアー
参加者: 158名

各施設からの実践報告

「終末期の栄養選択と治療方針の決定に向けての支援ーパンフレットを用いてー」

     (国立病院機構あわら病院 荒木弥生 高齢者看護院内認定看護師)

「ご本人、ご家族の意思決定後の穏やかな最期に向けてのケアを考える」

     (金津雲雀ヶ丘寮 神尾規子 看護師長)

「本人・家族が生き抜く道筋」

     (坂井地区医師会訪問看護ステーション 島田佳芳里 看護師)

特別講演

「自分らしい生き方の選択とその後を支えるケアーもし、食べられなくなったらー」
講師: 医療法人社団ナラティブホーム理事長・ものがたり診療所所長
佐藤伸彦先生
第8回高齢者医療研究会
日 時: 平成27年11月20日
テーマ: 「もし、食べられなくなったら」
-本人の意思に基づく非がん高齢者の終末期医療の実現にむけてー
参加者: 114名

各施設からの実践報告

「あわら病院における高齢者終末期の意思決定」

     (国立病院機構あわら病院 荒木弥生 高齢者看護院内認定看護師)

「家族と共に寄り添った看取り介護 -馴染みの施設職員に付き添われて穏やかに最期を迎えさせたい-」

     (社会福祉法人緑進会 特別養護老人ホーム芦原メロン苑 浜岸佐代子 看護師長)

「食べられなくなった入居者の施設での看取りを通しての気づき」

     (あわら市 金津雲雀ヶ丘寮 神尾規子 看護師長)

特別講演

「人生の最終段階における医療体制整備事業」
講師: 国立病院機構 長寿医療センター
在宅連携医療部長 三浦久幸先生
第9回高齢者医療研究会
日 時: 平成29年1月13日
テーマ: 「非がんの緩和と意思決定支援」
参加者: 106名

一般演題

国立病院機構における神経難病の治療の実際
「あわら病院における神経難病レスパイト入院」

     (国立病院機構あわら病院 総合診療科科長 鈴木友輔 医師)

非がんの緩和ケアと意思決定支援
「患者の思いに寄り添い家族の不安を軽くするためのサポートを考える -気管切開を決断するまでの関わりを通して-」

     (国立病院機構あわら病院 初田里佳 看護師長)

「ご本人・家族の思いをつなぐ地域医療」

     (坂井地区医師会居宅介護支援事務所 伊籐早苗)

特別講演

「難病の患者さんに少しでも良い人生を過ごして欲しい -国立病院機構箱根病院の取り組み-」
講師: 国立病院機構 箱根病院 副院長 荻野裕先生
「非がんの緩和ケアと意思決定支援」
講師: 北里大学 講師 荻野美恵子先生