利用者の皆さまへ

医療関係の皆さまへ

あわら病院訪問看護ステーションアイリス

あわら病院の看護

 

あわら病院で働く魅力

 あわら病院は、「多くの人の笑顔のために」を基本方針として掲げ、職員は日々の実践業務、研究・教育に励んでいます。笑顔は、人と人の間に架かる「信頼」「安心」「快適」の象徴です・患者さまやその家族、あるいは地域の医療・福祉従事者や協働している方々などからいただける笑顔は、職員の大きな宝であり、心の糧として大切にしたいものです。

 私たち看護部は、多くの人が笑顔でいただけるように、「こころ安らぐ看護の提供」を理念として、一人ひとりの看護師が仕事にやりがいを持ち、職場で働くことを楽しみ、そんな自分が好ましいと実感する事を大切にしています。

 当院はあなたを採用するにあたり、「仕事のやりがい」と「楽しく働ける職場」づくりのために次のことに取り組んでいます。

質の高い看護サービスの提供のための仕組み
看護師のキャリア開発支援
ワーク・ライフ・バランスの推進

 

地域に求められる専門看護

 

障がい児(者)医療
  • 重症心身障がい児(者)の診療、リハビリ、看護、療育指導の充実
  • 入所(療養介護サービス、医療型障害児入所支援)
  • 在宅支援 ①短期入所、日中一時支援 ②通所(生活介護・児童発達支援・放課後等ディサービス)
 

STとの嚥下訓練場面

 

受け持ち看護師・療養介助員と
一緒に移乗介助

難病医療
  • 血液腫瘍疾患(化学療法、緩和医療など)
  • 免疫異常(リウマチ疾患診療の拠点として指導的役割)
  • 神経難病(地域における難病医療の推進、レスパイト入院、人工呼吸器装着患者対応)
 

慢性呼吸器疾患看護認定看護師による
ベッドサイドでの人工呼吸器指導

 

文字盤を活用して
患者のわずかな動きから
訴えや思いを感じとる

長寿医療
  • 地域における慢性期診療の拠点(在宅患者、在宅医療の支援)
  • 終末期医療を尊重した診療の提供
 

血液疾患患者への治療場面

 

高齢患者とのコミュニケーション場面

訪問看護ステーション
  • 医療保険と介護保険によるサービス
  • がん末期や終末期でも、住み慣れた自宅で過ごせるよう適切な支援
  • 看護の専門性を活かしながら、地域の多職種と協働
  • 入院中から自宅での生活を見据えて、介護方法や環境について支援
 

在宅での人工呼吸器管理

 

訪問診療医師とのカンファレンス

 

専門性を高めるためのキャリア支援

 看護職員能力開発プログラム Ver2に基づく、教育制度とキャリア支援体制

ページの先頭へ