沿革

昭和29年5月
 わたしたちの病院の前身は昭和14年結核医療の拠点病院とし発足した福井県立療養所北潟臨湖園であり、その後、国立療養所北潟臨湖園として厚生省への移管、国立療養所北潟病院への名称変更、重症心身障がい児(者)病棟の開設、そして結核入院医療の終了を経て、平成16年4月に国立病院機構あわら病院として新しく出発しました。
 平成24年3月に新病棟完成に伴い病棟移転、現在3個病棟で運営しています。
昭和14年  5月1日 福井県立療養所北潟臨湖園として発足
昭和18年  4月1日 日本医療団に移管され日本医療団北潟臨湖園となる
昭和22年  4月1日 厚生省に移管、国立療養所北潟臨湖園となる
昭和23年  6月28日 福井大震災のため建物崩壊、近隣施設に転送
昭和58年  4月5日 国立療養所北潟病院に名称変更
平成16年  4月1日 独立行政法人に移行、独立行政法人国立病院機構あわら病院となる
平成24年  3月25日 新病棟完成  医療法病床数172床となる
   

昭和36年3月

 

平成7年4月

 

平成25年9月